行動確認調査を実施するために必要な流れ

行動確認調査を実施する調査案件は「裁判資料として調査を必要」とするケースが数多く存在します。証拠や事実確認が必要となる法的トラブルに関わる「調査の必要性は極めて高く重要」と言えるのです。そして、最も重要なポイントが「調査対象者の悪意が行動確認調査の中で立証できるか?」や「法的に通用する証拠となる行動が、探偵が実施する調査中に確認できるか?」と言えるのです。正直なところ「実際に調査を実施してみないことには判断できない」が探偵の本音と言えます。

もし、行動確認調査を実施する判断をご依頼者が下すならば、「必要とする情報が得られる見込み」に関わる情報をお持ちになって調査に望まれることが良いと探偵目線からは申し上げられます。

有力情報が無いまま勘や想定を頼りに探偵に行動確認調査を依頼しても「期待する調査結果とはならないケース」は存在します。そうしたケースの多くは「ご依頼者様が、実施した調査結果にご納得しない」事が多く、探偵や興信所が実施する「調査業務に対してのご不満」となってしまうのです。

このような流れは探偵業界全体でとらえたならば無くしたいと考える最たるものであると思われ、探偵や興信所を利用するにあたっての認識が世間全体に定着しなければならないと考える次第です。

これからご依頼が必要とお考えの皆さまにも共通するポイントであり、「探偵や興信所が調査結果を導き出せる可能性」を調査業者とのご相談やお問い合わせ時点でご自身が認識した上で「調査委任契約を結ぶ」ことが大切と考えるのです。



<探偵業務の健全化と調査業界の向上に繋がる業務を実施する優良探偵業者>

探偵業務の適正化に関する法律の施行以前に探偵業者が実施してきた「不透明な調査業務」は正直なところ現代社会のニーズには適していないと断言できます。ご相談や問い合わせ時点での「探偵業者の対応」に始まり、ご依頼を完遂した後のアフターケア」に至るまで実施できている「優良な探偵業務を実施する能力を有している」探偵業者は極めて少数と言えることでしょう。

必要な情報だけを提供する探偵や二次業者を悪く言うつもりはありませんが、ご依頼者となる人物の多くはご自身の方向性に悩み迷う方が多く存在し「アフターケアを実施出来ない探偵業者は差別化される」必要性があると考えられるのです。

ご依頼人が必要としている情報のみを提供する探偵業務は「探偵業法が施行する以前の探偵たちが実施してきた粗末な業務」と何ら変わりがないと言えるのです。せめて、事前説明や調査に関わるリスク説明を十分に行い「調査着手前に調査に対する勘違いや思い違い」がご相談者やご依頼者に存在しないか?確認した上で「納得の調査を実施する優良な探偵業者」を選んで調査を実施していただきたいのです。多くの勘違いや思い違いが発生してしまう調査業務を実施する探偵業者は「悪徳探偵」の部類に入るので十分に注意して頂き、事前説明をしたがらない「必要な業務を実施できない探偵」との契約は回避することが望ましいのです。そして、調査終了後にもご依頼者様に有益な方向性を示す能力や経験値を持つ探偵との調査をお勧めしたいのです。