所在調査の選択肢

所在が不明な人物を探し出す調査の多くには「調査対象人物について情報」が必要となります。何故、情報が必要となるのかご説明しますと、探偵が「何を基に調査が可能か?」判断する基準となり、「実施する調査に必要な日数や費用の目安」をご相談者に少しでも正確なお見積り提示するために欠かせない情報と言えます。

探偵にご相談時点で「多くの情報をお持ちになる」ことが可能ならば「調査のアプローチも複数考えられる」ことになり、所在調査に必要となる「日数や費用に選択の幅」が出来るのです。

最近、ご相談に多く聞く「携帯電話番号から使用者の居住先が知りたい」という所在調査のご依頼を例に上げてご説明しますと「携帯電話番号以外の情報からの可能性を多く探偵に伝える」ことが重要なポイントとなるのです。単に高額なデータ調査を実施するよりも、ご相談者が知る「調査対象者が利用している最寄り駅」等の情報や「顔写真の有無」などからデータ調査よりもお安く実働調査で所在住所を特定する案件も存在するのです。このように所在調査の選択肢はご相談時点の情報量で様々な可能性から調査手法を選択できる調査と言えるのです。

<成功報酬での所在調査>

先に所在調査の重要ポイントは「調査対象者についての情報量が重要ポイント」であるとお伝えしました。所在判明に必要な情報量が少ない案件は「調査日数が必要」となることが当然の流れとなります。有力な手がかりが情報として得られるまで地道な調査が必要となるため「ご依頼者には事前に日数が必要な所在調査となる」お断りが必要となるのです。そして、所在判明のために日々の調査を実施するために「実働する調査期間を事前に設定してご契約」をさせていただくことがご依頼との間のトラブルを回避するために必要な条件となっているのです。際限なく所在調査を実施し「調査費用を継続的にお支払いただいても見合った調査結果が出ない」ケースがあるため「事前に調査期間と必要な調査費用を設定しご契約」させていただいております。

調査期間内にご依頼者が納得する手がかりや情報のご報告が出来ない場合には「調査を継続するか?の判断をご依頼者様に確認」させていただくことによりご依頼者が納得した所在調査を現実に実施できるのです。

<ご依頼者目線での所在調査を第一に>

ご依頼者の意向が何より大切な所在調査において、「探偵の実施する所在調査の方針」が明確であるか?は重要と言えます。このポイントがご依頼者様に十分に伝わらなければ「探偵の実施する所在調査は無意味」と言える事でしょう。加えて「所在調査に着手して得られた情報から調査方針の変更」なども中間報告と共にご依頼者に報告される業務の流れが「優良な探偵が実施する所在調査」と言えるのです。

簡単な聞き込み等で調査対象者の所在が判明する調査から、難易度の高い「情報が極めて少ない所在調査」まで「探偵が一貫した所在調査を実施する」ことが何より大切と考え、当社で実施する所在調査には「探偵が実施した所在調査の途中経過」をご依頼者様にご連絡し「調査状況からの今後の判断」が的確に行えるよう調査に必要な判断が「ご依頼者自身で下せる所在調査」をと考えているのです。