欲しい情報は何か?

ビジネスシーンにおいて「取引先の信用を図る基準」をどのようにお持ちでしょうか?お世辞にも好景気と言えない現代社会において「取引先の信用は極めて重要」と考えることが一般的と言えるのです。長年に渡り信用調査を手掛ける調査会社や興信所は「景気が良くない時ほど注意深く取引が実施されなければならない」と考えます。多くの経営者様が同様の判断を下し「我々に信用調査を依頼される」のです。法人の信用調査を実施する際に、ご依頼者様が「何を重要視して信用調査を実施」されるか?当然ではありますが重要といえます。

このポイントは一件の法人信用調査を実施する際に最後まで注視しなければならない重要事項となるのです。仮に「反社会的な付き合いが存在する法人であるか?」を一番に注視して信用調査を実施するのか、「資金繰りや経営状態の善し悪し」を注力して信用調査を実施するのか?で「興信所や調査会社から報告を受ける内容が大きく異なる」と言えるのです。

<一般的な信用調査の流れ>

どのような信用調査であっても「ご依頼者様が判断に必要な情報が調査結果として得られなければ無意味な調査」となってしまうことは言うまでもありません。そのような調査報告では信用調査を実施する興信所や調査会社の調査力が問われる問題となってしまうでしょう。加えて信用調査を実施するにあたり必要となる相談や面談時点での「調査を実施する必要性があるポイント」が興信所・調査会社の相談担当者に正確に伝わることが大切と言えます。そして、信用調査を実施する必要性が生じたポイントに関わる情報を得るために何日間の調査日数が必要であるか確認し、最後に信用調査をすべて終えるために必要となる調査費用の概算見積もりと必要となる経費を担当者から話に聞き「信用調査を実施するために必要となる調査委任契約を結び」初めて信用調査を依頼したこととなります。

そして、調査に必要となる調査資料を担当者に提供し、信用調査がスタートされるのです。

ここでひとつ忘れがちなことがあります。一度、調査依頼を終えてしまったからといって「調査の進行状況」を確認しないまま調査報告を受けるなどの考え方は危険と言えます。何故なら、興信所や調査会社の担当者が出した見積もり通りに信用調査が運ぶ保障など何処にもないからです。通常のビジネスシーンならば見積もり以上の追加費用や経費が必要な場合には「ご依頼者に連絡し確認して実施」が常識と言えるでしょう。

しかし、調査を依頼した興信所や調査会社が「利益重視で常識を逸脱する」傾向が少しでもあったならば「見積もりを超える請求金額」となることも考えられるのです。そのようなことがない為に調査の進行状況と途中経過を知って「追加で必要な費用が発生していないか?も確認」する意味で担当者との連絡は必要と考えるのです。このような流れが信用調査を実施するなかで必要と考えられるのです。

<的を得た信用調査を実施するために>

個人信用調査も法人信用調査も「信用を測る調査」であることに違いはありません。そして、ご依頼者が「懸念する事柄に対して必要な情報を得る調査」でもあります。これから興信所や調査会社を利用し「信用調査を依頼したい」とお考えの皆さまにお伝えしたいのですが、安い調査料金を見積もりとして提示する調査業者の実施する信用調査で「ご自身が得たいと考えている情報が得られるか?」熟考し調査業者に信用調査を依頼していただきたいのです。これは、ご依頼者の欲している情報の有無に関係なく低料金の信用調査は「ありきたりの調査項目」を結果として報告することで終了してしまう懸念があるのでお伝えする注意点なのです。

安価で些細な商品を購入することでも同様のことは起こるのですが「安かろう悪かろう」は調査にも共通して起こるのです。知りたい情報が存在するならば調査費用が少々高くなろうとも「欲っする情報が得られる信用調査を実施できる調査業者に依頼」することが大切なのです。